Skip to content

お中元の届け方と品物選びのポイント

お世話になった親戚や上司・恩師などに贈るお中元は、地域によって習慣に違いがありますが、最近では主に6月の終わりごろから7月の中頃に贈るのが一般的です。かつては贈る相手の家に持参し直接挨拶をして、手渡しをすることが多かったものの、近年では宅配便で届けるようにすることが多くなっています。デパートやスーパーマーケットの一角に、例年春の終わりごろから受付カウンターが設けられているのを見たことがある人も多いでしょう。こういったところからお中元を申し込むと、デパートやスーパーの物流センターなどから宅配便を通じて届くことになる場合が多いです。

直接手渡しをすることなくこのような方法で贈る場合には、挨拶状を付けるようにします。一緒に届けることができない場合には、届くころに手紙やはがきの挨拶状を別に贈るようにすると良いでしょう。もしお中元を贈る相手に手渡しする際には、紙袋のまま相手に渡してしまっては良くありません。持参するまでは紙袋に入れていても、渡すときには袋から出して、熨斗紙に書かれた表書きが見えるようにして渡すようにする配慮が必要です。

具体的にどのような品物を選べば良いのかと迷う人もいるでしょう。せっかく贈るのであれば、相手に喜ばれる品物を選ぶようにしたいものです。暮れに届けられるお歳暮とは違って、この時期は気温が暑くなる夏のころです。そのためもし食品を贈るのであれば、保存がしやすいものを選ぶと良いでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です