Skip to content

お中元は相手への気遣いの気持ちが大切

お中元は、日頃お世話になっている人に感謝の意を込めて贈り物をする風習のことを言います。お中元は、もともとは中国の文化でした。中国では中元と呼ばれている7月15日は、祖先を供養する日です。その風習が日本に伝わった時に、日本で仏教の盂蘭盆会という風習と混ざり、先祖の霊を供養する日となりました。

江戸時代以降になると、お盆の頃に親類やお世話になっている人に日頃の感謝の気持ちを込めて贈り物をするという行為に変化発展して定着したと言われています。お中元を贈る際には、事前に相手の好みや家族構成を聞くなどして品物を選ぶことが大切です。たとえば、お酒を飲まない人にアルコールを贈ったり、1人暮らしの人に大量に贈ったりしてしまうなど、お中元を受け取った相手が困ることがない様にしましょう。また、フルーツなどを贈る時や賞味期限が短めなものを贈る場合には相手が受け取れる日を事前に確認したり、多忙な方に贈る場合は賞味期限が長いものにするなど、相手の状況を考えた上で贈り物をしましょう。

ちょっとした気遣いやマナーを疎かにしてしまった結果、感謝の気持ちどころか相手に不快感を与えることもあるので注意が必要です。特に近年は、毎年猛列な暑さが続くので相手を気遣い、ビールやジュース、そうめんなどの夏の風物詩を贈る人が増えています。また、子供がいる相手にはすいかやメロン、マンゴーなどのフルーツやゼリー、ジュースなどが定番化しているそうです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です