Skip to content

お中元の相場やのし紙について

暑い季節に贈るギフトであるお中元には、日持ちのするものや夏という季節に合ったものを選ぶと喜ばれる可能性があるのでおすすめです。また相手の嗜好や家族構成に合ったものを選ぶことが大切で、せっかく貰ったけれど持て余してしまうといったことになる品物を贈らないようにするようにします。またどのくらいの品物を選べば良いか迷う事もあるでしょう。そのような時には相場に合っているものを選ぶようにします。

一般的にはお中元の相場は、3千円から5千円程度といわれています。しかしこの金額はお世話になった相手によって違ってくるのが特徴です。基本的に親戚や知人の場合は3千円程度が相場となっています。しかし会社の上司の場合には、5千円程度のものを選ぶことが多いです、またその他に特別にお世話になっているという相手の場合には5千円から1万円程度までのものが良く選ばれています。

お中元というとのし紙をかけることになりますが、どういった熨斗を選べば良いのかも、疑問に思われることが多いポイントの1つに挙げられるでしょう。のし紙とは贈り物に掛けるもので、夏のギフトの場合には紅白の水引を選びます。水引は蝶結びになっていて、中央上部に御中元という表書きをします。そして蝶結びの下に贈り主の名前を入れるのが一般的です。

デパートやスーパーマーケットのギフトコーナーで注文して、物流センターから発送されるギフトの場合には、熨斗紙は印刷されている簡易的なものとなることが多いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です