Skip to content

お中元の相場や贈る際に知っておきたい事

お世話になった人への夏の贈り物であるお中元はどのような品を、どのように贈れば良いのかと疑問に思う人もいるでしょう。目上の人に贈るケースも多いギフトであるため、失礼にならないように気を付けて用意することをお勧めします。近年ではデパートやスーパーマーケットの催事場に作られたギフトコーナーから贈る人も多いものです。手軽に贈ることができますが、品物選びや適切なのし紙については知っておくことが大切です。

一般的にお中元を贈る時には相場に合ったものを選びますが、多くの場合には3000円から5000円程度が相場といわれています。具体的には親せきや知り合いの人の場合には3000円くらいのものを贈ることが多いです。しかし会社でお世話になっている上司の場合には5000円ほどの品を選ぶことが多いでしょう。さらに特別お世話なった感謝の気持ちを表したいというときには、5000円から10000円ほどの商品が選ばれることが多いです。

そしてお中元につけるのし紙は紅白の蝶結びの水引のものを選ぶことがポイントです。表書きとして水引の上の段には御中元、下の段には贈る人の名前を記入します。喪中の時にはどのようにしたらよいのかと疑問に思う人もいるかも知れません。基本的にお中元はお祝いではないため、喪中であっても贈って良いとされています。

とはいえ、四十九日前の場合には、少し時期を遅らせて、暑中見舞いや残暑見舞いとして贈るようにしても良いかも知れません。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です