Skip to content

気になるお中元の平均予算

目上の人や日頃からお世話になっている人に、贈り物をする風習が「お中元」です。夏が近づくにつれ、デパートなどではギフトが並び大勢の人が贈り物を選んでいるのを目にします。近年はギフトの種類も豊富に用意されているので、どれを選べば良いかわからないということもあるでしょう。「お中元」の平均の予算は、5、000円程度と言われています。

これは特に会社の取引先の人や上司に対して、おくる際の金額です。遠くに住んでいる家族や親戚には、3、000円程度の品物をおくる人が多いと言われています。ポイントとしては双方に無理のない金額で贈り物をする、という点です。あまりにも高価すぎる商品をおくってしまうと、かえって相手側に気を遣わせることになります。

「お中元」の選び方はいろいろあります。夏という季節を重視してそうめんやドリンク類に決めたり、水ようかんなどのお菓子を選ぶ人もいるようです。季節以外での選び方としては、品物をおくる相手の好みや家族構成を考えるという方法もあります。ご高齢の目上の人であればあまり硬いものは好まれないでしょうし、家族がたくさんいる人であれば、全員で楽しめるソフトドリンクが良いかもしれません。

感謝を伝えることが「お中元」の最も大切な意味ですから、配慮が伝わる品物を選びたいものです。「お中元」には熨斗をかけることが一般的とされていますので、紅白蝶結びの水引をかけましょう。熨斗の上部分には「御中元」と書き、下部分には送り主の名前を書くことを忘れないようにしたいものです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です