Skip to content

お中元に適した贈り物とは?

お中元はお世話になった人に感謝の気持ちを贈る夏の習慣です。関東や東北では7月15日まで、北海道や東海より西の地域では8月15日までに贈ることがマナーになります。時期的に涼しさを感じるようなものや、暑さに負けないようなものを贈る人が多いようです。例えばアイスやゼリー、水羊羹など体を冷やすことができる食べ物やビールなどの喉を潤すようなものが選ばれています。

あとはうなぎやお肉などの夏を乗り切るために役立つような食べ物も人気があります。時期としてさくらんぼやスイカなどの果物は家族で食べられるので、お中元として喜ばれます。大体いくらぐらいのものを来るのが適当かと言うと、3.000円から5、000円ぐらいの範囲になります。会社に贈るような時には、なるべく数が多いものを選んだ方が喜ばれるでしょう。

また受け取った側が保管に困るような生物は、少し配慮が必要になります。特にお世話になった思われる人には、10、000円ぐらいまで奮発した方が、気持ちを表すことができます。お中元は一度贈るものを決めると、毎年同じものを選ぶようになります。もらう方も決まったものをもらえると考えていることが多く、急に変えると困ってしまうことがあります。

入手が困難になったような時は、なるべく近いジャンルのものを選んであげると親切かもしれません。あまり奇抜なものを送ると、処理に苦労するようなことがあって、感謝のつもりが迷惑になるかもしれないので注意しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です