Skip to content

お中元は気遣いが大事

お中元は感謝を表すものなので、相手が喜ぶものだったらなんでも良いと言うわけではありません。いくら好きなものでも、失礼に当たることもあります。そう言うところが気をつけられないと、今後の関係性が危なくなる恐れもあります。ではどのようなものが、失礼に当たるのでしょうか。

例えば相手の方が会社の関連の場合は、競合になるような商品は避けた方が良いでしょう。直接関係がなくても、グループで考えると競合になるようなものも、避けられた方が安心です。またお金やそれと同等な金券なども、お金で感謝を伝えることになるので注意が必要です。履き物は踏みつけるイメージがあるのでお中元には向いていません。

時計や筆記用具も勤勉を求めているように感じられるので不適切です。相手が恐縮するようなものを贈るのも、お中元では避けるべきと言えます。感謝のためのものなので、本来は合って直接伝えることが習慣でした。その時の手土産程度だったものが変化した結果、郵送での簡略的な感謝に変わりました。

よって手土産以上のものは負担になります。大体3、000円から5、000円が立とうと言えます。その年特別にお世話になった人には、多少高級でも問題ありません。相手にはどうして特別なのかをしっかり説明する機会が重要です。

説明がないと、よく年も来るものだと思って、混乱するようになります。特別なことを説明し、感謝の言葉と共に送るとわかりやすくお互いの意思疎通ができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です