Skip to content

お中元について知っておくべきこと

常日頃からお世話になっている人に感謝の気持ちを込めて贈るのが「お中元」です。これはただ送ればいいというものでは決してありません。しっかりと意味を理解して、きちんとマナーを守ったうえで送ることで真価を発揮します。仮にマナーをおろそかにしておきながら、品物を送っても感謝されるどころか相手を不快にさせてしまう可能性もあります。

十分に注意することが大事です。送る際のマナーには送る時期や値段の相場、またのし紙の書き方など多岐にわたってあります。それらをきちんと守ることがとても重要になります。お中元のマナーだけを知っているだけでは完璧とは言えません。

お歳暮や暑中見舞いなどのマナーについても、しっかりと理解したうえで感謝の気持ちがこもった品物を送りましょう。お中元のそもそもの由来は中国の風習にあります。中国では古来より7月15日を中元と呼び、祖先を供養する日として人々に認識されていました。その風習が月日が流れるとともに、お盆の時期に日ごろお世話になっている人に感謝の品物を送るようになったと言われています。

基本的にお中元は夏ごろに送るのが定番ですが、地域によって送るのに最適な時期は違ってきます。それを知らずに間違った時期に送るのは相手方に失礼なのでその点は十分に注意しましょう。北海道では7月15日から8月15日ごろまでに送るとされ、東北や関東では7月の初旬から7月15日までとなっています。北陸と沖縄は早く7月1日から7月15日までが最適な時期と考えられています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です