SIMカードについて

SIMカードは電話番号を特定するためのICカードのことで、携帯電話やスマートフォンで電話や通信をするために必要なカードの事です。
大手の携帯電話会社で購入する場合は、端末も一緒に購入するのでSIMカードがセットされた状態で渡されます。最近出ている格安SIMを購入する場合は、端末とSIMカードを別々に選ぶことが出来ます。
端末を選ぶ場合、SIMフリー端末と呼ばれるものを購入して使う場合は良いですが携帯会社で購入したものを使う場合はロックの解除が出来ているかを調べる必要があります。
ロックの解除がされていないと使える機種でも通信ができない為、携帯会社でロックの解除をしてもらうかネットから手続きが必要です。



次にSIMを選びますが様々な会社から出ていて、プランもあるので自分がどういったかたちで利用したいかで選びます。



大きく分けると電話が出来るタイプとデータのみのものになり、データ通信のみの方が安くなります。携帯電話では、主にLINEでやり取りしていて普通の電話はしない人はデータ通信のみのプランの方がお得で自宅でwifiを使っていて外ではあまり使わなければ最低のギガ数にするなど容量を選べます。電話をしたい場合はプランに音声付きを選ぶ必要があり、その中でも電話し放題プランや電話をかけた時間だけお金がかかるプランなどがあります。

使い方によっては自分で格安SIMにするよりも、大手の携帯電話会社で購入し自分にあったプランにした方が良い場合があるので注意が必要です。



メインのプランが決まったら、次にオプションでメールやセキュリティをつける事も出来るので必要なものがあれば同時に付けると良いでしょう。

自分に合った会社のプランがあったら次はSIMカードの購入ですが、カードにはサイズがあり標準SIM、microSIM、nanoSIMの3つになります。

nanoは主にiphoneで利用されていてmicroは主にAndroidで利用されています。


ただ機種によって違う為、SIMを販売している会社のホームページでサイズや対応機種かどうかを調べてから購入すると安心です。

カードが使える状態にするには基本的自分で利用開始の登録をする必要があります。

個人情報やクレジットカードの番号、MNPで番号を移行させる場合には予約番号の登録もあるので必要になります。

基本的にには、クレジットカードのみの支払いになるので必ずカード番号が要ります。

カードが利用できる状態になったら、カードを端末に挿入し電源を立ち上げ設定します。


案内が一緒に来るので難しくはありませんが、ショップの無い会社がほとんどなのでサポートは電話かメールのやりとりになります。解約時には、解約金がかかる場合とかからない場合があり最低利用期間もあるので確認しておくと良いでしょう。
データ通信のみの場合は最低利用期間も無く解約金がかからない場合が多いですが、音声付きにする場合は6ヶ月が最低利用期間だったり2年毎の自動更新だったりするので注意が必要です。