基本に戻って「SIM」について考えよう

格安SIMという言葉を最近よく聞くようになりました。

普段使っているスマートフォンや携帯電話にはさまざまな機能がついています。

音声通話やメール機能、インターネット、テザリングなどすべてを使いこなすのはなかなかできることではありません。

最近話題の格安SIMとは一体何なのでしょうか。

本当に必要な機能を見直し、自分に合ったプランやキャリアを見つけるためにもSIMについて理解を深めてみませんか。
SIMというのはSubscriberIdentifyModuleの略です。SIMカードの中には電話番号やID番号などの情報が入っていて、それを端末に差し込んで利用できるようになるのです。

SIMカードは言うなれば身分証明書のようなものです。少し前までは大手キャリアが携帯業界を独占していました。

プランもどのキャリアを見てみても同じようなものばかりでほとんど差別化がなされていませんでした。



どの携帯端末にも音声通話やメール機能が付いていました。
音声通話であれば、通話アプリを使えば無料で済みます。


メール機能も同様で、検索サイトのフリーメールを使えば問題なくメッセージのやりとりができます。



そこに目をつけたのが格安SIMだったのです。

本当に必要な機能だけを精選することで利用料金が抑えられます。

これは消費者にとっても嬉しいことです。
通信費は決して安いものではなく、家族全員が携帯電話を持てば、相当な利用料金を支払わなければなりません。

それまではSIMロックといって、契約したキャリアのSIMカードでしか携帯用端末を利用できませんでした。

解約し、新しいキャリアに乗り換えたとしても、これまで使っていた端末は使えなかったのです。
キャリアを変更するごとに携帯用端末も購入し直さなければならないので消費者の負担は大きなものになっていました。


また、どのキャリアも同じような料金プランだったのでキャリアの変更に踏み切る機会も少なく、大手キャリアが提供するプランの料金を払い続ける人がほとんどでした。
しかし、SIMロック解除の義務化やSIMフリーの携帯用端末の登場により、今まで使っていた端末が使えたり、新しい端末を今のキャリアで使えたりできるようになりました。


消費者にとって携帯用端末だけでなくプランの選択の幅が広がったのです。



しかし、「安い」という理由だけで格安SIMに乗り換えるのはかえって損をする場合もあります。

前述の通り、携帯電話にはさまざまな機能が付いています。大手の携帯電話にはほぼ全ての機能が備わっていると考えておきましょう。
果たして本当にその機能は必要でしょうか。
使っていない機能があったり、無料アプリ等で代替がきくのであれば必ずしも必要ではありません。


余計な機能を外すことでその分料金を安くできるのです。これには自分自身の携帯電話の利用実態を客観的に分析し把握する必要があります。


これをしてはじめて自分に合った最適なキャリアとプランが見つかるのです。