格安SIMのメリットとデメリット

近年利用者が増えている格安SIMはスマートフォンが低料金で使え、長期契約の縛りもないため人気を集めていますが、手続きが分かりにくかったり通信の品質に満足できなかったりするケースもゼロではありません。

格安SIMは自分に合った会社やプランを見つけてうまく利用することで、従来のスマートフォンの利用代金より格段に安く使え満足感の高いものになるため、各社のサービスやプラン内容をよく調べて利用するのがおすすめです。


そんな格安SIMは2015年5月以降、携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除が義務化され大手キャリアで売られているスマートフォンでもロックの解除ができるようになって増加しています。それまでは大手キャリアで売られているスマートフォンはそれぞれその会社のSIMカードだけが使えるように利用制限がかけられていて、通信会社を乗り換えるときはそれまで使っていた端末を使い続けることができず不便でした。


今ではどこの会社でも使えるSIMフリーのスマートフォンが多く売られているほか、ロック解除をすることで他の会社に乗り換えて使うことができるようになっています。


ロックの解除はそれぞれのキャリアのショップの窓口で受け付けていますが2015年5月以前のスマートフォンではロック解除はできないので注意が必要です。

知られているとおりキャリアのショップは全国に多くありますが、格安SIMの場合はインターネットのサービスプロバイダーが提供しているものも多く、気軽に行ける実店舗を持たない会社も多いのが特徴です。

インターネットを通じてサービスの申し込みやSIMの購入をするなどの手続きを自分ですることはインターネットをあまり使わない人にはデメリットに思われることもあるようです。


また時間帯や地域によって通信速度が遅くなり使いにくくなるがある点も挙げられます。

しかし混雑する時間帯を避ければ格安SIMでも使用感に差はないこともあります。

とはいえ申込みをする前にどのくらいの感じか知りたいという人も少なくないでしょう。



そういった場合は利用者の口コミを参考にするほか、最低利用期間の設けられていない格安SIMのプランを使ってみるのがおすすめです。



音声通話がついたプランの場合、各社により半年から1年程度の最低利用期間があることが多いものの、データ通信のみのプランの場合は期間が設定されていないことも多いので、自分の環境では格安SIMが使えないとしても契約を止めやすくなっています。

先にこれらを使って満足できるようなら音声通話プランを使うようにすればよいでしょう。音声通話がついたプランでも最低利用期間は半年から1年である格安SIMは、2年間の契約期間の縛りがある大手キャリアに比べるとほかの会社に乗り換えやすいという特徴があります。

プランや会社の選択肢が広がりより自由に利用料金やサービス内容を選べ、自分にあったスマートフォンの利用の仕方ができるでしょう。