格安SIMの特徴と使うメリット

自由度が高く通信業者を選ぶことの出来るSIMフリーのスマートフォンやタブレットなどの端末では、利用料金を安く抑えることのできる通信サービスを提供している会社との契約が可能ですが、全てのスマートフォンなどで利用ができるわけではないので注意が必要です。

SIMロックとは、大手の携帯電話会社で売られているスマートフォンなどがその会社によって利用制限されている状態で、ある1社で買ったスマートフォンはその会社のカードだけが使え、それ以外の会社のものは同じような大手キャリアのカード・格安業者のカードともに使えないようになっています。



しかし携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除が義務化された2015年5月以降に発売された端末ではロックの解除はできるようになっており、利用しているキャリアの店舗に依頼して解除すればそれまで使っていた端末で他の会社のカードも使えるため契約した会社から他の会社へも乗換えがしやすくなりました。

SIMロックがかかっていない端末を使うと、自分で通信会社や提供されている多くのプランの中から利用料金やサービスが自分にあったものを幅広く選ぶことができるメリットがあります。

大手キャリア以外の業者が提供している格安SIMと呼ばれているものでは、月額料金が千円台のサービスプランも多くそれまでスマートフォンの利用料金が月6~7千円かかっていたという人の場合は大幅な節約になるでしょう。



また大手の携帯電話会社では2年の契約期間が設けられているため、簡単に他社に乗り換えられなくて困った経験があるという人も少なくありません。

しかし格安SIM業者の場合は、最低利用期間があってもせいぜい6か月から12か月であり、この期間を過ぎれば料金がかからず自由に契約を止めることが可能になります。
そのため契約してから品質に不満があってもほかの会社に乗り換えやすいのが特徴です。

また格安SIM業者が提供している豊富なプランのなかには音声通話のついていないデータプランなどでは最低利用期間がない場合もあるので、通信速度や利用できる地域が気になる場合でも利用してみやすいでしょう。


月々のスマートフォンの利用料金を安く抑えることができ、2年縛りもないなどメリットの多い格安SIMですがデメリットもあります。

特に通信の質には地域や時間帯で差があり、平日の12時頃は混雑しがちでwebを読み込む際に時間がかかることも少なくありませんが、その時間帯を避ければそれほど違いはないこともあります。



そのほか、あちこちに実店舗のある大手の携帯電話会社と違い、格安SIM業者の場合は実店舗の数が少ないためインターネット上のやり取りだけで申し込みや問い合わせをする必要がケースも多く、慣れない人の場合はサポートが不十分だと感じることもあるようです。

とはいえ自分に合ったものを選べばメリットも多いので利用していない人は検討してみるとよいでしょう。